海の上で仁王立ちになって射精したことがあります。

場所は神奈川県の某海岸、もちろん素っ裸です。

海の上と言っても、厳密に言うとヨットの上なのですが・・・

ディンギーという帆だけで走るヨットを友人が持っていたので、よく一緒に海へ行って乗っていました。

基本は2人で乗るのですが、操船は1人でも可能なんです。

その日も友人と交代で乗っていたのですが、友人が乗っている間、私は砂浜でピチピチの水着ギャルを眺めていました。

私は海水浴場できわどい水着の女の子を見ながらエッチなことを妄想して、股間をもっこりさせてしまうことがよくあるのです。

だから友人が戻ってきて私が乗る番になったときには、もういつでも一発抜ける気分になっていました。

海水浴場の両サイドがヨットやサーフボードが発着出来る場所になっていたので、ヨットに乗り込んだ私は、海水浴をしている人たちを横目に、いつもよりちょっと沖の方まで船を走らせました。

もちろん、目的はオナニーをするためです。

充分に沖に出たところで海岸の方を振り返ると砂浜の上の人たちは米粒のように小さく見えます。

向こうから見ても私の姿はかなり小さくなっていたでしょう。

私は周りにも他のヨットやボートが近くにいないことを確認してから船を停泊させて、いかりを下ろすと海パンを脱いで素っ裸になりました。

青空の下で全裸になると開放的でとても気持ちがいいです。

そしてヨットの中で仰向けに寝そべると、左手で金玉、右手で肉棒を握りしめました。



一度は平常時に戻っていたペニスですが、さっきまで眺めていた水着ギャル達のおっぱいや腰がくびれたボディラインを思い出して、オールヌードになった姿を想像すると、すぐにムクムクと勃起してビンビンになってきました。

そのままシコシコとペニスを刺激していき、イキそうになったところでそのままお腹へ射精しようと思ったのですが、あまりにも開放的だったので、全裸のままヨットの上に立ち上がりました。



そして仁王立ちになって、反り返るように腰を前の方へグイッと突き出すと海に向かって精液を放出!

もし海岸から見ている人がいたとしても、まさかこんなところで射精しているとは思わず、立ちションでもしてるようにしか見えなかったでしょう。

放出された精液は勢いよく海の中へ・・・

大自然の中での全裸射精は、とても気持ちよかったです。

私の精液は魚のエサにでもなるのかな・・・

※画像はイメージです

関連記事