まだ女性専用車両がなかった頃の出来事です。

真夏の通勤電車内は、隣の人に寄り掛かっても立っていられるほどの満員状態でした。

その日もいつもと同じように電車の揺れに身を任せていたら、なにやら背中に柔らかい膨らみが当たる感触が。

位置からするとすぐにおっぱいだと分かりました。

それまでも何度か車内で女性の胸が当たるのを感じたことはありましたけど、それはあくまでもブラジャーの固い感触でしかなかった。

ところがその日の感触はそれとは違っていました。

柔らかい膨らみがムニュっとつぶれる感触なのです。

それもかなり大きい!

しかも、それだけじゃなくて、なんか小さなしこりのような感触も・・・

あれっ、これってもしかして乳首?

ということは・・・ノーブラのおっぱいなのか!!

私はどうしても確かめてみたくなって、電車の揺れを利用しながら不自然な動きにならないように注意して体を少しずつ回転させていくと、ロングヘアーの小柄な女性がうつむき加減にしているのが分かりました。

気になっていた胸の辺りを横目でチラ見するように見下ろすと・・・

胸元が閉じている薄いニットのようなTシャツを着ていたので、期待していた(?)おっぱいの谷間は見ることは出来ませんでしたが、膨らみのつぶれ具合からみてノーブラに間違いありません

そして、予想通りの巨乳・・・

しかも、体を回転させたことで私の右腕がちょうどおっぱいの谷間に挟まれる位置になっていた。

それでも彼女は顔を伏せたまま、何事もなかったかのように、電車が揺れるたびにおっぱいを押し付けてくる。



ムニュムニュとつぶれるオッパイの感触に体温の暖かさまで伝わってきたので、私の股間はムクムクと反応してしまいました。

挟まれているのが鞄を持っていない方の腕だったので、「もしここで騒がれたら絶対に男の方が不利だよなー」と思いながらしばらくそのままにして感触を楽しんでいたのですが・・・

まったく予想していなかったことが起こりました。

彼女が胸を上下に動かし始めたんです!!

電車の横揺れとは明らかに違います。

半袖のワイシャツで腕がむきだしだったから、その腕をおっぱいで挟みこんだまま押しつけてるようにして上下に動かしてくるので、私は思わずパイズリを想像してしまった。

そんな妄想していたら、ペニスに血液がドクンドクンと流れ込んできてフル勃起してきちゃいました。

真夏だったので、トランクスタイプのゆるいパンツと夏用の薄い生地のスラックスを履いていたから、股間がなんの抵抗もなくモッコリと盛り上がってしまっています。

快速だから次の駅まではまだ時間がある・・・

そう思った私は我慢できず、周りに気づかれないように、手のひらでズボンの上から膨らんだ股間を軽くさすり始めました。

そうすると、おっぱいに挟まれた腕も自然と上下に動いてしまいます。

本当はもう片方の手でやりたかったんですが、バッグでふさがっていたので・・・

それでも彼女はいやがったり逃げるような様子もなく、それどころか私の腕の動きに合わせるようにおっぱいを押しつけてきました。

私も手のひらでさするだけだと大きな動きになってしまうので、指先で亀頭の裏筋をチョロチョロとさするように刺激していたら気持ち良くなってきたので、鼻息が荒くなるのを気づかれないようにしていました。

もしかして、彼女も腕のようなぶっといペニスをパイズリしてる感じだったのかな?

頭の中に「痴女」という言葉が浮かびましたが、もうどうにでもなれって気分で股間をさすり続けていたら、もう我慢出来なくなって思いっきり扱いて射精したくなってきた。

出来ればこのまま、おっぱいの柔らかさを感じながら抜いてしまいたかったけど、以前、ズボンの中で大量射精してしまい後処理が大変だったことがあり、それだけは避けたかったので、次の駅に着くなり途中下車してトイレへ駆け込みました。

ところがこういうときに限って個室が塞がっている。

朝のトイレの個室ってけっこう占有率が高いんだよね。

しかたなく私は一番右奥の小便器の前に立ち、勃起したままのペニスを取り出すなり手の動きがばれないように一気に扱いて、便器へ向けて射精しました。

今では確かめるすべもないですが、あの女は痴女だったのかなぁ・・・

あんなに巨乳なのに薄着でノーブラのままギュウギュウの満員電車に乗ってくるんだから、男を興奮させて楽しんでるか、自分もおっぱいを刺激されて興奮したいのが目的だとしか思えないもんなぁ・・・

※画像はイメージです

関連記事
タグ