小学5年のときの初オナニーでオカズになったのは輸入盤PLAYBOY誌の外人ヌード写真でした。
しかし、その直後からオナニーを習慣的にするようになっても、当時の私にはそんな大人の雑誌が簡単に手に入るはずもありません。
だから、その頃オカズにしていたのは「ハレンチ学園」や「あばしり一家」など、少年漫画誌のエッチな裸のシーンがほとんどでした。
が・・・中学に入学してからそれが一変しました。

平凡パンチです。
そのグラビアページに載っているヌード写真がオカズになったのです。



平凡パンチを初めて見たのは小学5年の秋でした。
家の近所に大きな原っぱがあって、そこに友だち数人で秘密基地を作っていたのです。
地面に穴を掘り、ベニヤ板を被せて草で隠すといった本格的な物でした。
そこで駄菓子屋で買ったお菓子を食べたり、漫画雑誌を回し読みしたりしていたのですが、その中の一人が兄貴が買った古い週刊誌を何冊も持ってきていたのです。
その中にあったのが平凡パンチでした。
その頃の私は、すでにオナニーを習慣的にするようになっていたので、グラビアページのヌード写真を見ながら、みんなに気づかれないようにペニスを硬くしていました。
そんな時はその場で抜きたいのを我慢して、家に帰ってからヌードの女のおっぱいを思い出しながらオナニーをしていたのです。

初めて平凡パンチを買ったのは中2になってすぐの頃でした。
近所の本屋だと知り合いに会ってしまうかもしれないと思い、自転車で少し離れた本屋まで行ったのです。
レジへ持って行くときに恥ずかしさはあったのですが、この後に待っているエッチで気持ちいい行為のことを考えたら、いっときの恥なんてどうってことありません。

その日のオナニーは、ヌード写真を見ながらすることが出来て最高に気持ち良かったです。
漫画の裸よりも興奮して、まだ包茎だったペニスは扱いている間ビンビンに勃起していました。
いつもより硬くなっていたかもしれません。
両方の手のひらでペニスを挟み、夢中で交互にコスっているうちに射精していました。

ちなみに、片手で肉棒を握り前後に扱くオナニーを知ったのはこの後ぐらいです。
それからは平凡パンチに掲載された何人もの女たちの裸でお世話になりました。

お気に入りだったのは・・・

股間をリンゴだけで隠したオールヌードが衝撃的だった「麻田奈美」。




デビューしたばかりで大胆なヌードになった、新人女優の「関根恵子」と「由美かおる」。







小学時代に見ていたウルトラセブンのアンヌ隊員役だった「ひし美ゆり子」。




小柄な身体で豊満な乳房というエロいボディの「渡辺やよい」。




中でも一番お世話になっていたのは、後に「八城夏子」として日活ロマンポルノで再デビューした、きれいなお姉さんタイプの「織部ゆう子」。
可愛い顔で全裸になっている姿を見ているだけで勃起してしまい、オナニーしたくなるのを我慢出来ませんでした。
だから彼女のヌード写真が掲載されている号を手に入れると、1日に何度も射精してしまう日が続きました。





彼女は、高校になってから初めて日活ロマンポルノを見に行きたくなった切っ掛けになる女優でもあります。






とにかく中学時代は、平凡パンチでヌードになった女たちが、私のオナペットでした。
関連記事