fc2ブログ

1990年代のタグ記事一覧

1970年代から現在まで、私がお世話になってきたオナペット達とオナニー体験の実録です。

タグ:1990年代

  • ■ポルノ女優

    アジャ(Aja)は1987年に23歳でデビューしたアメリカのポルノ女優です。私がアジャの作品をよく見ていたのは1990年代になってからでした。エキゾチックな顔立ちで、その頃見ていたポルノ女優たちの中でも好みのタイプだったので、オナペットとしての使用頻度も高い方でした。...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    ニッキー・タイラー(Nikki Tyler)は、1992年に20歳でデビューしたアメリカのポルノ女優。ペントハウス誌で、1995年12月号のペントハウスペットにも選ばれています。ワイルドな顔立ちで、170cmの高身長、おっぱいは91cmの巨乳というダイナマイトボディでのセックスは迫力があって見応えがありました。ニッキー・タイラーの作品で忘れられないのは『Amazing Sex Talk』でのピーター・ノースとのセックス。セックスの行為というより...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    アンジェラ・サマーズ(Angela Summers)は、1991年に27歳でデビューしたアメリカのポルノ女優。1990年代で最も人気のあったポルノスターの1人です。20代後半でのデビューと言うこともあって、女としての色気もムンムンと漂っていて、可愛らしい熟女の雰囲気が大好きでした。96cmでEカップのおっぱいは身長が157cmと小柄なため、数字以上の巨乳に見えます。ストリッパーとしても活躍していたそうですから、ステージ上でもその巨乳...

    記事を読む

  • ■AV女優

    樹まり子は1989年~1990年に活躍したAV女優で、バブル絶頂期にAV女優界の頂点に君臨したAVクイーンと言えるでしょう。1990年に人気絶頂の中で一度活動を休止、1992年に樹マリ子として2年間だけ復活しています。樹まり子の魅力は、可愛らしさと美しさが同居するルックスに、柔らかくて形のいい巨乳とくびれたウエストで、日本人離れした肉感豊かなボディ。そして表情と身体で魅せるセックスが誰よりもエロい!疑似本番があたりまえだ...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    ヴィクトリア・パリス(Victoria Paris)は、1989年にデビューしたアメリカのポルノ女優。1990年にAVN(ポルノ界のオスカー賞)最優秀新人賞、その後の活躍が認められて、1997年にはAVN殿堂の栄誉に輝いている、1990年代を代表するポルノスターの一人です。ディック(DICK)などの海外ポルノ情報マガジン、特に巨乳専門誌のバチェラー(BACHELOR)によく紹介されていたので、写真でも楽しむことが出来ましたが、抜くときのオカズに...

    記事を読む

  • ■AV女優

    庄司みゆきは1989年にデビューしたAV女優。細身なのに巨乳、長身で野性的な顔立ちなのにおっとりした癒し系として、舌っ足らずな喋り方も魅力的でした。身長は162㎝でスレンダーな体型にもかかわらず、おっぱいは93cmのEカップ。この頃はDカップでも巨乳と言われる時代だったので、今だったらFカップと言ってもいい大きさで、形や色も綺麗な美乳。ウエストも58㎝で非常に細く、スレンダー巨乳のエロボディでした。当時はモザイク処...

    記事を読む

  • ■AV女優

    水谷リカは1994年にデビューした90年代を代表するAV女優です。身長は163cmでスリーサイズはB90-W58-H89cm。長いストレートヘアでおでこが広く、お嬢様風の端正な顔立ちの和風美人。体型はすらりとスレンダーなのにFカップの巨乳で引き締まったウエスト。ワンレン・ボディコンが似合う抜群のグラマラスボディの持ち主です。セックスシーンになると、どんな体位のピストン運動でもペニスに突かれる度にゆさゆさと揺れる、少し垂れ気...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    シルビア・セイント(Silvia Saint)は1997年にデビューし、翌98年10月にはペントハウス・ペットにも選ばれ、絶大な人気を誇ったトップポルノ女優です。 エロっぽい表情と、美乳、美尻、美脚と3拍子揃ったセクシーなスタイルが魅力で、ポルノ界のマリリン・モンローと呼ばれていました。 シルビア・セイントはチェコ生まれですが、東欧出身のモデルやポルノ女優には美人の女性が多いですね。無修正の輸入DVDが簡単に入手できる...

    記事を読む

  • ■AV女優

    男好きしそうなベビーフェイスに、これぞ正に美巨乳と呼べる素晴らしい乳房を引っ下げてデビューした奈々美沙織。たちまち当時のNO.1女優に。細身の体つきなのに、重厚感のあるGカップを誇る巨乳のインパクトは凄まじく、重厚なボリューム感がありました。そのうえ、柔らかそうで揉みしだくだけではなく、顔を埋めてみたくなるほどに魅力的です。AV女優としての活動は僅か1年でしたが、その圧倒的なエロボディは多くの男性ファンの...

    記事を読む

  • ■グラドル・ヌードモデル

    小松みゆきは、1990年、「小松美幸」として『週刊プレイボーイ』の水着グラビアでデビュー。美乳という言葉は小松みゆきのヌードから使われるようになった記憶があります。美しいフォルムで、形と大きさのバランスがいい美乳を、デビュー当初から惜しげもなく見せてくれた小松みゆきは、間違いなくオナペットになるための素質は十分でした。発売される写真集はどれもが実用度満点で、誌面で全裸姿を見る度に、右手でしごく動きがや...

    記事を読む

  • ■AV女優

    AKBや乃木坂でもセンターになれるほどの可愛らしい顔立ちに加え、美しいプロポーションがきららかおりの魅力です。バストは巨乳というほどに大きくはありませんが、Cカップで、適度なボリューム感。活動期間は半年でしたが引退後、無修正の映像が一般に流通してしまい、ここで明らかになったのは、男優がゴムを装着せずに本番行為をしていたこと。結合部だけでなく腰全体にモザイクがかかる時代に、生チンコを挿入されて、さらには...

    記事を読む

  • ■AV女優

    95cmGカップのおっぱいと見事なボディスタイルで巨乳ファンをオナニーさせまくってた椎名舞ちゃん。 もちろん私も抜きまくってました!約1年ちょっとで引退してしまいましたが、天然巨乳といわれた彼女のたわわなバストとアニメ声優のようなロリ声であえぐ姿に萌え~。パイズリもすごく良かったんだけど、この頃はまだモザイク処理が大きかったから肝心のおっぱいもモザイクで少し隠れてしまうのが残念でした。それでも、騎乗位や...

    記事を読む

♀無修正アダルトビデオ所有本数No.1ポルノ女優!アジャ

アジャ(Aja)は1987年に23歳でデビューしたアメリカのポルノ女優です。
私がアジャの作品をよく見ていたのは1990年代になってからでした。
エキゾチックな顔立ちで、その頃見ていたポルノ女優たちの中でも好みのタイプだったので、オナペットとしての使用頻度も高い方でした。









» 続きを読む

♀初めてのバーチャルセックス!ニッキー・タイラー

ニッキー・タイラー(Nikki Tyler)は、1992年に20歳でデビューしたアメリカのポルノ女優。
ペントハウス誌で、1995年12月号のペントハウスペットにも選ばれています。
ワイルドな顔立ちで、170cmの高身長、おっぱいは91cmの巨乳というダイナマイトボディでのセックスは迫力があって見応えがありました。






















ニッキー・タイラーの作品で忘れられないのは『Amazing Sex Talk』でのピーター・ノースとのセックス。
セックスの行為というよりも射精シーンなんですが・・・
ピーター・ノースのペニスから綺麗な放物線を描いて放出されるザーメンが、量も飛距離もぶっとんでいて芸術的とも言える射精シーンでした。

ピーター・ノースの射精



ニッキー・タイラーとのバーチャルセックスが楽しめるマルチメディアのCD-ROMを、無修正の輸入盤で手に入れることが出来たときは、バーチャルセックスというものが初めてだったので、いろいろな体位での射精シーンに合わせて何度も抜いてしまいました。

ニッキー・タイラーとのバーチャルセックス


♀色気が漂うエロボディ!巨乳を揺らすアンジェラ・サマーズ

アンジェラ・サマーズ(Angela Summers)は、1991年に27歳でデビューしたアメリカのポルノ女優。
1990年代で最も人気のあったポルノスターの1人です。
20代後半でのデビューと言うこともあって、女としての色気もムンムンと漂っていて、可愛らしい熟女の雰囲気が大好きでした。











96cmでEカップのおっぱいは身長が157cmと小柄なため、数字以上の巨乳に見えます。ストリッパーとしても活躍していたそうですから、ステージ上でもその巨乳を揺らして見ている男たちのペニスを硬くさせていた事でしょう。
所有していた裏ビデオの中でも、アンジェラ・サマーズが出演している作品は、オナニーでの使用率が高かったです。









当時抜きまくってた裏ビデオでのピーター・ノースとのSEXシーン


♀無修正で確認したゴム無し生本番!AVクイーン樹まり子

樹まり子は1989年~1990年に活躍したAV女優で、バブル絶頂期にAV女優界の頂点に君臨したAVクイーンと言えるでしょう。
1990年に人気絶頂の中で一度活動を休止、1992年に樹マリ子として2年間だけ復活しています。

樹まり子
樹まり子
樹まり子
樹まり子
樹まり子
樹まり子
樹まり子


樹まり子の魅力は、可愛らしさと美しさが同居するルックスに、柔らかくて形のいい巨乳とくびれたウエストで、日本人離れした肉感豊かなボディ。
そして表情と身体で魅せるセックスが誰よりもエロい!
疑似本番があたりまえだった時代に、本当に挿入するリアルな本番がOK。
しかもコンドーム無しの生ちんこ挿入だったので、男優の本気モードでの激ピストンに、樹まり子も本気モードで腰をグラインドさせています。

樹まり子
樹まり子
樹まり子
樹まり子
樹まり子
樹まり子
樹まり子
樹まり子
樹まり子

当時はレンタルビデオをオカズにすることが殆どでしたが、樹まり子の作品だけはいつでもお世話になれるようにセルビデオを手元に置いていました。
その後、無修正の裏ビデオを手に入れることが出来たときは、生ペニスが樹まり子の陰唇に咥え込まれてピストンされるところを見ながら、私も硬くなった生ちんこを握って・・・

樹まり子の生本番のセックスで抜く
樹まり子の生本番のセックス


カテゴリ

♀Gカップ巨乳の90年代ポルノスター!ヴィクトリア・パリス

ヴィクトリア・パリス(Victoria Paris)は、1989年にデビューしたアメリカのポルノ女優。
1990年にAVN(ポルノ界のオスカー賞)最優秀新人賞、その後の活躍が認められて、1997年にはAVN殿堂の栄誉に輝いている、1990年代を代表するポルノスターの一人です。







ディック(DICK)などの海外ポルノ情報マガジン、特に巨乳専門誌のバチェラー(BACHELOR)によく紹介されていたので、写真でも楽しむことが出来ましたが、抜くときのオカズにしたのはもちろん裏ビデオです。
90年代になってからは、原盤がビデオテープからレーザーディスクに変わってきて、画質もそれまでよりもきれいになってなっていたので(特に洋物は)、無修正のセックスシーンを見ながら何度も・・・
















♀揺れるおっぱいが抜きどころ!スレンダー巨乳の庄司みゆき

庄司みゆきは1989年にデビューしたAV女優。
細身なのに巨乳、長身で野性的な顔立ちなのにおっとりした癒し系として、舌っ足らずな喋り方も魅力的でした。







身長は162㎝でスレンダーな体型にもかかわらず、おっぱいは93cmのEカップ。
この頃はDカップでも巨乳と言われる時代だったので、今だったらFカップと言ってもいい大きさで、形や色も綺麗な美乳。ウエストも58㎝で非常に細く、スレンダー巨乳のエロボディでした。









当時はモザイク処理が大きくて、性器が結合している股間やパイズリしている胸、フェラチオしている顔がよく見えなかったので、とにかく騎乗位や四つん這いバック、正常位で突かれて揺れるおっぱいが一番の抜きどころでした。
それだけに裏ビデオを見たときは、ペニスを咥える唇、ペニスを挟むおっぱい、ペニスが挿入されたおまんこ、全てが丸見えで抜きどころばかりでした。

続きはコチラからLEGEND 庄司みゆき


続きはコチラからブラもはじけるデカい胸 庄司みゆき


庄司みゆきの裏ビデオ


カテゴリ

♀3日で8発!水谷リカの揺れるFカップ美乳は破壊力抜群!

水谷リカは1994年にデビューした90年代を代表するAV女優です。
身長は163cmでスリーサイズはB90-W58-H89cm。
長いストレートヘアでおでこが広く、お嬢様風の端正な顔立ちの和風美人。体型はすらりとスレンダーなのにFカップの巨乳で引き締まったウエスト。ワンレン・ボディコンが似合う抜群のグラマラスボディの持ち主です。

水谷リカ
水谷リカ
水谷リカ
水谷リカ
水谷リカ
水谷リカ
水谷リカ
水谷リカ
水谷リカ
水谷リカ

セックスシーンになると、どんな体位のピストン運動でもペニスに突かれる度にゆさゆさと揺れる、少し垂れ気味で形の良いFカップの柔らかいおっぱいがエロ過ぎて、我慢出来ずに1日に数回オナニーしてしまったことが何度もあります。

水谷リカ
水谷リカ

実は1995年の一年間だけオナニー日記というものををつけていて、オナニーの回数とズリネタを記録していたのですが、それによるとこの年の元旦の朝(初詣帰り)に水谷リカのビデオを2本レンタルして、1日目に3回、2日目に2回、3日目に3回と返却する直前までの3日間で8回もオナニーしていました!

しかも、オナホールを丸めた布団に固定した全裸での腰振りオナニーを5回していて、その内の2回はオナホールに生中出しした後も抜かずに、射精したばかりの精液をローションにして2連射をしていました!
だから射精した回数で言うと3日で10発ってことです。
オナニーでの1日の最高回数を記録したのもこの頃だったし・・・我ながらこんなにオナニーしていたことにビックリです。

ちなみに、そのときのレンタルしていたビデオは『デカメロンプリンセス』と『この胸のときめき—激射のクイーン』という作品です。

水谷リカ

水谷リカ

バラエティ番組にも出演をし、日曜のお昼に放送していた神番組「スーパージョッキー」に初代熱湯ギャルズとして出演をし、生着替えなどで男たちを楽しませていました。












カテゴリ

♀ポルノ界のマリリン・モンロー、シルビア・セイント

シルビア・セイント(Silvia Saint)は1997年にデビューし、翌98年10月にはペントハウス・ペットにも選ばれ、絶大な人気を誇ったトップポルノ女優です。



エロっぽい表情と、美乳、美尻、美脚と3拍子揃ったセクシーなスタイルが魅力で、ポルノ界のマリリン・モンローと呼ばれていました。



シルビア・セイントはチェコ生まれですが、東欧出身のモデルやポルノ女優には美人の女性が多いですね。



無修正の輸入DVDが簡単に入手できるようになった頃に、彼女の出演作品と出会ったので、エロい表情でのフェラチオやセックスシーン、射精されたザーメンを体中に浴びる姿に興奮させられてオナニーしていました。













♀ヘアヌードも最高!Gカップ美巨乳の奈々見沙織

男好きしそうなベビーフェイスに、これぞ正に美巨乳と呼べる素晴らしい乳房を引っ下げてデビューした奈々美沙織。
たちまち当時のNO.1女優に。



細身の体つきなのに、重厚感のあるGカップを誇る巨乳のインパクトは凄まじく、重厚なボリューム感がありました。そのうえ、柔らかそうで揉みしだくだけではなく、顔を埋めてみたくなるほどに魅力的です。



AV女優としての活動は僅か1年でしたが、その圧倒的なエロボディは多くの男性ファンのペニスをそそり勃たせていたことでしょう。





もちろん私だって例外ではありません。
写真だけでも抜けましたが、レンタルビデオで見るセックスシーンでは、揺れる巨乳がとてもエロくて、何度もお世話になっていました。







続きはコチラから密やかな欲望 奈々見沙織

続きはコチラからマドモアゼルG 奈々見沙織


カテゴリ

♀元祖美乳グラドル!小松みゆきのヘアヌード

小松みゆきは、1990年、「小松美幸」として『週刊プレイボーイ』の水着グラビアでデビュー。

美乳という言葉は小松みゆきのヌードから使われるようになった記憶があります。

美しいフォルムで、形と大きさのバランスがいい美乳を、デビュー当初から惜しげもなく見せてくれた小松みゆきは、間違いなくオナペットになるための素質は十分でした。



発売される写真集はどれもが実用度満点で、誌面で全裸姿を見る度に、右手でしごく動きがやめられませんでした。




Vシネマやアダルトビデオにも数本出演していましたが、画面が暗かったり肝心のおっぱいが見えにくかったりしたので、抜くのはもっぱら写真集やイメージビデオでした。





1991年に「ヘア解禁」になって有名女優やタレントが次々とヘアヌードになっていくのに、一番見たかった小松みゆきがなかなかヘアヌードにならなかったので、ようやくヘアヌード写真集を発売してくれたときは、小松みゆきのアンダーヘアが見える!というだけで、大興奮してオナニーしまくりました。






その後、TVドラマや映画で活躍していますが、そのボディと色気は未だおとろえてはいないようです。

熟女ヌードも見てみたいですね。

♀美少女きららかおりの生セックスが無修正で!

AKBや乃木坂でもセンターになれるほどの可愛らしい顔立ちに加え、美しいプロポーションがきららかおりの魅力です。



バストは巨乳というほどに大きくはありませんが、Cカップで、適度なボリューム感。

活動期間は半年でしたが引退後、無修正の映像が一般に流通してしまい、ここで明らかになったのは、男優がゴムを装着せずに本番行為をしていたこと。



結合部だけでなく腰全体にモザイクがかかる時代に、生チンコを挿入されて、さらには中出しまでされていたのです。



当時は疑似本番があたりまえだったのですが、そんなことも知らなかったため、男優が生で挿れたいという理由で生本番していたということにも驚きです。

私が初めて見たのはすでに引退した後だったのですが、会社の後輩に「いい裏ビデオが手に入ったので見に来ませんか」と休日に誘われて見たのが彼女の作品でした。



生挿入されている結合部に興奮して、見ている途中からフル勃起です!

先輩の特権で借りてきて、その日だけで3回抜きました。

その後ダビングしてもらい、何度もオナニーで気持ち良く射精したことは言うまでもありません。



カテゴリ
タグ

♀今でも抜ける!Gカップ天然巨乳の椎名舞

95cmGカップのおっぱいと見事なボディスタイルで

巨乳ファンをオナニーさせまくってた椎名舞ちゃん。

もちろん私も抜きまくってました!

shiina-mai15.jpg

約1年ちょっとで引退してしまいましたが、
天然巨乳といわれた彼女のたわわなバストとアニメ声優のようなロリ声であえぐ姿に萌え~。

shiina-mai15.jpg

shiina-mai15.jpg
shiina-mai15.jpg

パイズリもすごく良かったんだけど、この頃はまだモザイク処理が大きかったから
肝心のおっぱいもモザイクで少し隠れてしまうのが残念でした。

それでも、騎乗位やバックスタイルでプルンプルンと揺れまくるおっぱいは、
見る度にフル勃起させられて、ザーメンをたっぷりと搾り取られました。

今見ても、下手な女優の無修正ものよりも十分に抜けます!


続きはコチラからFOREVER エピソード1 椎名舞

続きはコチラから制服人形(コスプレドール) 椎名舞


カテゴリ
Copyright © 愛しのオナペット&オナニー体験談 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます