fc2ブログ

1980年代のタグ記事一覧

1970年代から現在まで、私がお世話になってきたオナペット達とオナニー体験の実録です。

タグ:1980年代

  • ■ポルノ女優

    ナンシー・スーター(Nancy Suiter)は1979年に22歳でハードコアデビューしたアメリカのポルノ女優です。プロフィールやスリーサイズは公開していないのですが、キュートな顔立ちに、形の良いおっぱい、スレンダーなボディがとってもエロかったです。可愛いお姉さんのような小悪魔的な魅力があって、活動期間は2年で出演作品も多くはありませんでしたが、かなり印象に残っているポルノ女優です。なぜかというと・・・...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    ラナ・バーナー(Lana Burner)は1985年に22歳でハードコアデビューしたアメリカのポルノ女優です。おっぱいは84cmのCカップですが、スリムなボディなので数字以上に大きく見えました。...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    トレイシー・アダムス(Tracey Adams)は1983年に24歳でヌードモデルとしてデビュー後、1985年にハードコアデビューしたアメリカのポルノ女優です。デビュー当時はスリムだったボディも、90年代になると徐々にふくよかな体型になっていきましたが、80年代後半の頃のトレイシー・アダムスは、熟女のように官能的でほどよい肉付き感がとてもエロかったです。...

    記事を読む

  • ■AV女優

    竹下ゆかりは1984年に19歳でAVデビュー。その頃はまだAV女優という呼び方はありませんでしたが、当時としてはアイドル級に可愛くて、初めてパッケージに大きく名前が刻まれ、その名前でビデオが売れたという美少女単体モデルの草分け的存在でした。ただ、レンタルビデオ店が普及する前で、パッケージを購入するにしても価格が高かったので、竹下ゆかりのビデオを見ながらオナニーした記憶はほとんどありません。(自分専用のビデ...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    ジンジャー・リン(Ginger Lynn)は、1983年に20歳でポルノ界にデビュー。AVN(ポルノ界のアカデミー賞)では1985年に最優秀新人女優賞、1986年には最優秀主演女優賞を獲得。同年には「Best Couples Sex Scene」にも選ばれています。トレイシー・ローズやクリスティ・キャニオンとともに1980年代中盤の一時代を築き、日本でも人気がありました。私にとってもこの3人は、この頃のオナペット御三家でした。トレイシー・ローズやクリ...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    ブリジット・モネ(Bridgette Monet)は、1980年から1980年代後半まで活躍したアメリカ合衆国のポルノ女優。1984年3月には、プレイボーイ誌のグラビア等を飾ったこともあるAVクィーンでした。長い黒髪にブラウンの目のモネは、178cmの長身でスリムでしたが、ナチュラルな巨乳で、当時のポルノ映画界で最も魅力的な女性の一人でした。日本でのファンも多かったと思います。1980年のデビュー当初は、「スウェディッシュ・エロチカシ...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    エンジェル(Angel)は、1984年のデビュー直後から、いきなりトップ女優として多くの観客を魅了しました。その美しさはポルノ映画女優の中でも群を抜き、一般映画の美人女優がポルノ映画に出演しているとさえ言われる程でした。私が初めて見たときに衝撃的だったのは、美しさというよりもその可愛さ。今まで見てきた洋ピンの中で、こんなにアイドルのように可愛い顔のポルノ女優はいなかったので、一目で魅了されてしまいました。...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    ローリー・スミス(Laurie Smith)は、1970年代後期から80年代に活躍したアメリカのポルノ女優です。スレンダーな美脚と目鼻立ちのスーッと通った彫りの深いマダム顔で人気がありました。ちょっとエロくて綺麗なお姉さんの雰囲気もあり、当時の私をさらに外人好きにさせてくれたポルノ女優の一人でもあります。初めてローリー・スミスを見たのは、シャーナ・グラント主演の『All American Girls II: In Heat』という裏ビデオです。...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    「お巡りさん大変です!泥棒です!!」「泥棒?いったい何を盗まれたんだ?」「私のザーメンが毎晩大量に抜き取られているんです!!」「誰にだね?」「トレイシー・ローズちゃんにです!」「それは彼女と毎晩セックスして射精しとるということか?」「いいえ、本当はセックスしたいんですけど、、、オナニーで!」「なんだ自分で抜いてるのか」「だって、こんなにエロい身体でセックスしてるところを見ていたらいつのまにかシコっ...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    セカ(Seka)は、1970年代後半から80年代に活躍した、アメリカで最も有名で人気の高いポルノ女優の一人です。私がポルノ映画館でスクリーンのセックスシーンを見ながらオナニーをしていた頃、お世話になっていた女優の一人でもあります。Dカップのおっぱいは見るからにナチュラルな柔らかさで、セックスシーンで突かれる度に揺れる様子がとてもエロかったです。裏ビデオを入手してからは、そのおっぱいで巨根を挟むパイズリや、映...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    クリスティ・キャニオン(Christy Canyon)は80年代から90年代に活躍したポルノ女優です。当時のレンタルビデオ店にも作品がたくさん並んでおり 80年代ではトレイシー・ローズと並んで最も有名なアダルトビデオ女優だったでしょう。 トレイシー・ローズのライバルとされていて競演した作品も多いです。日本人好みの顔に巨乳ということで 日本でも特に人気があり、雑誌でもよく見かけました。お世話になった人も多かったんじゃない...

    記事を読む

  • ■ポルノ女優

    シャーナ・グラント(Shauna Grant)は私が初めて手に入れた洋ピンの裏ビデオに主演していた女優です。タイトルは、『All American Girls II: In Heat』邦題:アニマル・ピストン 野性交愛1983年の作品です。すでに筆おろしは済ませていたので、セックスの時に自分のペニスが生まんこに挿入されているところは見ていましたが、初めて無修正で見る他人のセックスです。ぼかしのない結合部に、ファーストシーンから興奮して勃起が収...

    記事を読む

♀映画館で抜いた可愛い美形の小悪魔!ナンシー・スーター

ナンシー・スーター(Nancy Suiter)は1979年に22歳でハードコアデビューしたアメリカのポルノ女優です。
プロフィールやスリーサイズは公開していないのですが、キュートな顔立ちに、形の良いおっぱい、スレンダーなボディがとってもエロかったです。
可愛いお姉さんのような小悪魔的な魅力があって、活動期間は2年で出演作品も多くはありませんでしたが、かなり印象に残っているポルノ女優です。
なぜかというと・・・



















» 続きを読む

♀隣のお姉さんがエロボディのポルノ女優に!ラナ・バーナー

ラナ・バーナー(Lana Burner)は1985年に22歳でハードコアデビューしたアメリカのポルノ女優です。
おっぱいは84cmのCカップですが、スリムなボディなので数字以上に大きく見えました。






» 続きを読む

♀官能的な肉体でパイズリ挟射!トレイシー・アダムス

トレイシー・アダムス(Tracey Adams)は1983年に24歳でヌードモデルとしてデビュー後、1985年にハードコアデビューしたアメリカのポルノ女優です。



デビュー当時はスリムだったボディも、90年代になると徐々にふくよかな体型になっていきましたが、80年代後半の頃のトレイシー・アダムスは、熟女のように官能的でほどよい肉付き感がとてもエロかったです。







» 続きを読む

♀ビニ本・裏本で抜きまくった美少女モデル!竹下ゆかり

竹下ゆかりは1984年に19歳でAVデビュー。
その頃はまだAV女優という呼び方はありませんでしたが、当時としてはアイドル級に可愛くて、初めてパッケージに大きく名前が刻まれ、その名前でビデオが売れたという美少女単体モデルの草分け的存在でした。






ただ、レンタルビデオ店が普及する前で、パッケージを購入するにしても価格が高かったので、竹下ゆかりのビデオを見ながらオナニーした記憶はほとんどありません。(自分専用のビデオデッキもまだ持っていませんでした)
それでは、なぜ竹下ゆかりがオナペットになったのかというと・・・

ビニ本(裏本)です!

» 続きを読む

カテゴリ
タグ

♀全ての穴でペニスを咥え射精させる!ジンジャー・リン

ジンジャー・リン(Ginger Lynn)は、1983年に20歳でポルノ界にデビュー。
AVN(ポルノ界のアカデミー賞)では1985年に最優秀新人女優賞、1986年には最優秀主演女優賞を獲得。同年には「Best Couples Sex Scene」にも選ばれています。
トレイシー・ローズやクリスティ・キャニオンとともに1980年代中盤の一時代を築き、日本でも人気がありました。私にとってもこの3人は、この頃のオナペット御三家でした。














トレイシー・ローズやクリスティ・キャニオンと比べるとおっぱいはそれほど大きくはありませんでしたが、セックスでのプレイは口や膣だけでなくアナルでもペニスを咥え、時にはその全てで同時に3本のペニスを咥えるなどハードなプレイがエロかったです。











印象に残っている作品は、当時も話題になりGスポットと潮吹きを世に知らしめた『The Grafenberg Spot』(邦題:スーパーGスポット/四次元発射)です。


3本のペニスを咥えるジンジャー・リン


『The Grafenberg Spot』のワンシーン(巨根ジョン・C・ホームズとのセックス)


カテゴリ
タグ

♀映画館の座席でオナニー射精!天然巨乳のブリジット・モネ

ブリジット・モネ(Bridgette Monet)は、1980年から1980年代後半まで活躍したアメリカ合衆国のポルノ女優。
1984年3月には、プレイボーイ誌のグラビア等を飾ったこともあるAVクィーンでした。







長い黒髪にブラウンの目のモネは、178cmの長身でスリムでしたが、ナチュラルな巨乳で、当時のポルノ映画界で最も魅力的な女性の一人でした。日本でのファンも多かったと思います。








1980年のデビュー当初は、「スウェディッシュ・エロチカシリーズ」という短編作品に多く出演していて、90年代になってから裏ビデオで手に入れた、このシリーズのブリジット・モネでは抜けるシーンがたくさんあってお世話になりっぱなしでした。
封切り映画での初主演は、1982年の『I Like To Watch 』ですが、日本でのデビュー作は同年の『Talk Dirty to Me, Part II 』(邦題:もっと汚い行為(こと)をして)という作品です。
この作品は映画館の座席でスクリーンのセックスシーンを見ながらオナニーをしていた頃にお世話になった作品の一つです。
無修正版の裏ビデオを手に入れてからは、家のソファーでテレビ画面のセックスシーンを見ながら全裸でオナニーをするときにお世話になっていました。







『もっと汚い行為(こと)をして』のダイジェストを見たい方はこちら



♀80年代のポルノ界に現れたスーパーアイドル!エンジェル

エンジェル(Angel)は、1984年のデビュー直後から、いきなりトップ女優として多くの観客を魅了しました。
その美しさはポルノ映画女優の中でも群を抜き、一般映画の美人女優がポルノ映画に出演しているとさえ言われる程でした。

エンジェル Angel

私が初めて見たときに衝撃的だったのは、美しさというよりもその可愛さ。今まで見てきた洋ピンの中で、こんなにアイドルのように可愛い顔のポルノ女優はいなかったので、一目で魅了されてしまいました。

エンジェル Angel

エンジェル Angel
エンジェル Angel
エンジェル Angel
エンジェル Angel
エンジェル Angel
エンジェル Angel

エンジェルの魅力は、ナチュラル・ビューティである事だけではなく、その美しさをくつがえす淫乱で大胆なセックスパフォーマンス。可愛い顔でむしゃぶりつくフェラチオや、乳輪の大きいロケットおっぱいもエロかったです。
写真ではなかなか伝わりにくいですが、本当にキュートなエンジェルは、トレイシー・ローズクリスティ・キャニオンと並ぶ80年代を代表するポルノ女優です。

エンジェル Angel
エンジェル Angel
エンジェル Angel

エンジェル Angel
エンジェル Angel
エンジェル Angel
エンジェル Angel

» 続きを読む

カテゴリ
タグ

♀ワイルドに喘ぐエロい表情に興奮!ローリー・スミス

ローリー・スミス(Laurie Smith)は、1970年代後期から80年代に活躍したアメリカのポルノ女優です。
スレンダーな美脚と目鼻立ちのスーッと通った彫りの深いマダム顔で人気がありました。
ちょっとエロくて綺麗なお姉さんの雰囲気もあり、当時の私をさらに外人好きにさせてくれたポルノ女優の一人でもあります。

ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smithローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith

初めてローリー・スミスを見たのは、シャーナ・グラント主演の『All American Girls II: In Heat』という裏ビデオです。その中で2回セックスシーンがあるのですが、最初の3Pシーンでバックで突かれながらフェラチオで射精されたザーメンを顔で受ける表情がとてもエロくて、そこだけで何度も抜いてしまいました。
その他の作品でも髪を振り乱して絶叫したりする、ちょっとワイルド系のセックスにとても興奮しました。

ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith

ローリー・スミス Laurie Smith
ローリー・スミス Laurie Smith

カテゴリ
タグ

♀ザーメン泥棒!トレイシー・ローズで毎日抜きまくり!

「お巡りさん大変です!泥棒です!!」

「泥棒?いったい何を盗まれたんだ?」

「私のザーメンが毎晩大量に抜き取られているんです!!」

「誰にだね?」

「トレイシー・ローズちゃんにです!」

「それは彼女と毎晩セックスして射精しとるということか?」

「いいえ、本当はセックスしたいんですけど、、、オナニーで!」

「なんだ自分で抜いてるのか」

「だって、こんなにエロい身体でセックスしてるところを見ていたらいつのまにかシコって・・・」




「なるほど、確かにこれはエロいボディですなぁ」

「でしょ?これでオナニーを我慢出来る男なんていませんよ!!」

「そんなことは・・・(ムクムク)!」

「ほら、お巡りさんだって、もうカチカチに勃起したペニスに右手が!」

「ハハッ、本官も今すぐザーメンを抜き取られてしまいそうですなぁ・・・シコシコ。」

ドピュッ!!







いやぁ、トレイシー・ローズには20代の後半、本当に毎晩お世話になりました。

トレイシー・ローズ(Traci Lords)が1984年にポルノ女優としてデビューしたのはなんと15歳のとき。
日本だったらまだ中学を卒業したばかりの頃!!!














デビュー当初から、ペニスをむさぼるフェラチオ!騎乗位での腰使い!成熟した身体に浴びるザーメン!すべてがエロい!!

18歳になったときにそれまで未成年だったことがばれて引退していますから、男優たちとセックスしまくっていた頃は現役の高校生だったなんて信じられません。

彼女こそ、正に伝説のポルノ・クイーンと言えるでしょう。

» 続きを読む

♀ポルノ映画館でも裏ビデオでも抜きまくっていたセカ

セカ(Seka)は、1970年代後半から80年代に活躍した、アメリカで最も有名で人気の高いポルノ女優の一人です。



私がポルノ映画館でスクリーンのセックスシーンを見ながらオナニーをしていた頃、お世話になっていた女優の一人でもあります。




Dカップのおっぱいは見るからにナチュラルな柔らかさで、セックスシーンで突かれる度に揺れる様子がとてもエロかったです。



裏ビデオを入手してからは、そのおっぱいで巨根を挟むパイズリや、映画のスクリーンではぼかしの向こう側にあって想像するだけだった陰唇でペニスを咥え込むシーンを見ながらオナニーしまくっていました。







セカのおっぱいが揺れるセックスを見る


♀巨乳の女王クリスティ・キャニオンの抜けるパイズリ挟射!

クリスティ・キャニオン(Christy Canyon)は80年代から90年代に活躍したポルノ女優です。







当時のレンタルビデオ店にも作品がたくさん並んでおり 80年代ではトレイシー・ローズと並んで最も有名なアダルトビデオ女優だったでしょう。







トレイシー・ローズのライバルとされていて競演した作品も多いです。日本人好みの顔に巨乳ということで 日本でも特に人気があり、雑誌でもよく見かけました。

お世話になった人も多かったんじゃないでしょうか。

私も裏ビデオで大変お世話になりました!









クリスティ・キャニオンといえば、天然モノでプルンとしたボリュームのあるおっぱい!



セクシーな肉体と、騎乗位でピストン運動に合わせて揺れ動く巨乳には、いつも勃起させらてしまいましたが、圧巻はパイズリです。

垂れ気味だけど豊満で、パイズリには理想的なおっぱい。





私はクリスティ・キャニオンの裏ビデオでパイズリの素晴らしさを知りました。

それまでのパイズリはペニスだけではなくおっぱいも大きなモザイクで隠されてしまっていたので、初めて無修正で見たときは、ペニスがおっぱいに挟まれている様子がとても気持ちよさそうで、パイズリシーンだけを何度も繰り返して見ながらオナニーしてました。





実生活でも、風俗でソープランドへ行ったときには、パイズリが出来るくらい巨乳の泡姫ばかりを指名するようになり、パイズリでおっぱいに挟まれたまま射精するのが大好きになりました。

『Educating Mandy』クリスティ・キャニオンの立ちパイズリで挟射するシーンで抜く


『I Dream of Christy』 クリスティ・キャニオンのパイズリで射精するピーター・ノースで抜く

♀初めての洋ピン裏ビデオに大興奮!シャーナ・グラント

シャーナ・グラント(Shauna Grant)は私が初めて手に入れた洋ピンの裏ビデオに主演していた女優です。



タイトルは、『All American Girls II: In Heat』邦題:アニマル・ピストン 野性交愛
1983年の作品です。



すでに筆おろしは済ませていたので、セックスの時に自分のペニスが生まんこに挿入されているところは見ていましたが、初めて無修正で見る他人のセックスです。
ぼかしのない結合部に、ファーストシーンから興奮して勃起が収まりません!
太いペニスがシャーナ・グラントのおまんこに生で挿入され、ピストン運動の果てに放出されるザーメン!
全部見終わるまで、気が付いたら3回も抜いていました。



おっぱいは私が大好きな巨乳ではなかったですが、作品の役柄によってキュートになったりワイルドになったりと、すっかり彼女にハマってしまい他の作品も集めてはオナニーしていました。













カテゴリ
タグ
Copyright © 愛しのオナペット&オナニー体験談 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます